« 我が家の避暑地 | トップページ | ATOMの初北海道ツアー その1 »

2015年8月 2日 (日)

天空2000mの道の駅から1000mのキャンプ場へ

猛暑の中での生活に耐えがたくなる日々ですね。
Twitterでの知り合いが、この暑さから脱するには、
標高1000m以上のキャンプ場へ行かないと、安眠する
ことはできないと言うようなことを言っていました。
よし、それなら毎日の寝不足を改善するため、出発!
いざ、標高1000m以上の世界へ!

P7250017

信州は、美ヶ原高原美術館のある道の駅。
ここは、天空の道の駅ですね。標高2000mです。
それにしても、この山頂までキャンピングカーで来るのは、
かなり辛いですね~。我が家のAtom君は、死にそう!!
でも、天然のクーラーの世界は、最高です!!!

P7250006

P7250019

抽象的な作品が野外展示されている中で、遠く富士山が
見える丘でのんきに草を食べる生きてる彫刻?が・・・

P7250024

この日は、ビーナスラインを下って、標高1000mのキャンプ場へ。
但し、キャンプ場へ泊まるのではなく、併設のRVパークへ。
伊那にある、小黒川キャンプ場RVパークです。

P7250025

林間のキャンプ場で、標高が高いうえに川が近いことから
涼しくて、汗知らず。
キャンプ場の施設も使えるので、キャンピングカーの場合は、
RVパークで十分かもしれませんね。

P7260034

翌日は、標高の高いキャンプ場を求めて長野・愛知県境へ。
南信州うるぎ星の森オートキャンプ場です。

P7270048

P7260040

このキャンプ場は、良好な施設で、満天の星空が有名で、
日本のキャンプ場ランキングで最高位に入ったこともあります。
確かに、きれいな施設で、各サイトのプライバシーも確保され、
素晴らしいキャンプ場ですが、ちょっと人工的すぎるかも・・・

P7260041_3

我が家の夫婦は、このキャンプ場のある売木村の温泉が
気に入りました。こまどりの湯です。とにかく、いい湯です!
入った瞬間、お肌がすべすべ・・・・
この感覚は、他の温泉でもありましたが、持続感が違います。
翌日以降も、お肌に潤いが残っている感じなのです。
もう一回行きたいと思わせる温泉でした。

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

« 我が家の避暑地 | トップページ | ATOMの初北海道ツアー その1 »

」カテゴリの記事

コメント

天然クーラーは いいですね。
これまた
 景色がいい所で
素敵なところですね~~~(^^)/

山の頂上まで、キャンピングカーで
行けるのですから、スゴいですね。
しかも、そこに道の駅があるのですから、
本当にビックリです!
但し、乗用車はともかく、我々の愛車
キャンピングカーには厳しい道ですよ!


残暑お見舞い申し上げます

そうはいってもまだまだ暑いですね!!

美ヶ原高原美術館の道の駅、あそこは本当に涼しい!
涼しいというより寒いくらいですね~
さすが標高2000mだと思います

売木村の「こまどりの湯」是非是非行ってみたいです!!!

モモンガさん、本当に暑い毎日ですね。
ワンコの最大の敵ですね。
売木村は、長野と愛知の県境です。遠いですよ。
飯田山本ICで高速を降りて、それから1時間位かな?
平谷の道の駅(温泉付き)までは、道路が広いですが、
売木村へ入っていく道は若干幅が狭くなります。
日陰に入ると、標高が高いので涼しいですよ。
売木村に限らず、この辺は、平谷村も阿智村も
下條村、阿南町、天竜狭、南信濃など、一帯が
温泉だらけです。日帰り温泉のはしごができます。

秋田なら鳥海山の五合目パーキングかなぁ。
下界と10度は違いますもんね。

気候よし、眺めよし、温泉よしならウチも行ってみたいな♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259605/61000487

この記事へのトラックバック一覧です: 天空2000mの道の駅から1000mのキャンプ場へ:

« 我が家の避暑地 | トップページ | ATOMの初北海道ツアー その1 »

最近の記事と写真

  • Kota4
  • Kota5
  • Kota3
  • Kota2
  • Kota1

WooとPuruの家

  • べ~!
    我が家には、古くはメスのシェルティ「ビッキー」、そして最近まで、メスのキャバリア「プル」、オスのシーズー「ウー」がいました。一緒に日本全国を旅してきました。みんな天国に行ってしまいましたが、思い出は永遠です。VPWの思い出のコーナーです。
フォト
無料ブログはココログ