« 北軽井沢スイートグラスは、good! | トップページ | 新装オープン?戸隠キャンプ場 »

2012年5月27日 (日)

サイクルキャリアの活用術(我が家編)

キャンカーと言えども、収納スペースは、それぞれ
用途が限られますね。
少々かさばったり、汚れがあるものを運ぶには・・・?
この答えは、皆さん、だいたい共通でしょう。
4

2
そうです!リアにキャリアを付けました。
2台搭載用のサイクルキャリアを付けました。
しかし、自転車を搭載するつもりは、ありません。
子供たちが小さい頃、自転車を搭載していましたが、
現地での自転車の利用が意外に少なかったので、
もう止めました。
でも、荷物を載せるには、誠に都合がよいことを
思い出し、装着しました。
3
主に、これを載せたかったのですsign01
コールマンのキャリアケース?これでは分かりませんね。
1
中身は、ワンコ達のバギーなのです。
我が家のワンコ達は、結構な年齢なので、必需品です。
砂利道以外は、2人(2頭)で、これに乗って移動です。
天気が良いと問題ないのですが、雨が降ったりすると
泥を落とすのが結構大変ですし、本体も濡れてます。
キャンカーの収納スペースでは都合が悪い時も・・・
そこで、このサイクルキャリアの活用ですflair
コールマンのキャリアケースにも、ドンピシャ!でした。
このサイクルキャリアは、重量50㎏までOKなので、
もう少し積めますので、見た目が悪くならない程度に
活用して、いろいろ載せていきたいと思います。
間違っても、ワンコのウ・・なんかぶら下げませんよcoldsweats01

それから、ちょっと今、悩んでいることが・・・・・・
夏に、東北ツアーができないかと思っているのですが、
うまくコース設定ができないのです。
昨年は、日本海側から、山形~秋田~青森、そして
内陸の青森~秋田~山形~福島(一部)というコース
でした。それに対して、太平洋側のツアーの場合、
内陸を東北自動車道か国道4号線で北上して、
また、同じようなコースを南下して来るしかない
ような感じです。
5

6
三陸海岸方面が、来訪を希望するようなメッセージ
を発信してはいますが、その反面、復旧が不十分な
部分が感じられるのです。
やはり、復興が遅れているなら、観光支援と言っても
何となく悪いような気持ちが・・・・・・
実際に、内陸から三陸を周遊するようなコースは
難しく、限られた日数では、特に岩手県の北部まで
は思い通りには行けない感じです。
宮城県と岩手県南部だけかなあ、なんて考えて
悩んでいるところですgawk

p>にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

« 北軽井沢スイートグラスは、good! | トップページ | 新装オープン?戸隠キャンプ場 »

」カテゴリの記事

コメント

サイクルキャリア、ピカピカshineですね。
我が家は、キャンプ道具を入れたベランダコンテナを乗せたりします。
子供用自転車もまだ小さいので、その上に乗せて、固定して滋賀のキャンプ場に行ったりもしました。

我が家はもう必要ありませんが、大きなベランダコンテナにすれば、ベビーカーも入りますね。
307Rは収納が少ないですが、工夫次第で何とかなるものですねsmile

そのとおりですね。
もう少し工夫して、積載量を増やしたいと思います。
スキーもこのキャリアに付けて行きたいと思います。
そう考えると、いろいろ考えられますね。
最初から、付けておけば良かったと思いました。

出遅れちゃいました(^_^;)
やっと春の農作業が一段落!そろそろお休みもらえるかな?(笑)

カーゴの代わりにサイクルキャリアですね!
我が社はサイクルキャリアも、リヤラダーも無いので、
外に荷物付けられません(笑)

日本海側ルートでしたらお逢い出来たらいいですね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259605/45430956

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルキャリアの活用術(我が家編):

« 北軽井沢スイートグラスは、good! | トップページ | 新装オープン?戸隠キャンプ場 »

最近の記事と写真

  • Kota4
  • Kota5
  • Kota3
  • Kota2
  • Kota1

WooとPuruの家

  • べ~!
    我が家には、古くはメスのシェルティ「ビッキー」、そして最近まで、メスのキャバリア「プル」、オスのシーズー「ウー」がいました。一緒に日本全国を旅してきました。みんな天国に行ってしまいましたが、思い出は永遠です。VPWの思い出のコーナーです。
フォト
無料ブログはココログ