« いつ行ったの?いつ撮ったの?え~~~ | トップページ | チータはポッカぽか? »

2012年3月 6日 (火)

本当に覚えていますか?3.11!

3122

3123

このシーン覚えていますか?

今週末で、ちょうど1年になります。

テレビでこんなシーンを見ていて、現実とは

思えませんでした・・・・・・・・・・・・・・

そして、福島の原発で頑張る一部の東電関係者と

命を懸けた消防隊と自衛隊の勇気に感動して、

思わず涙したのは私だけでしょうか?

もう一度、日本人はこのシーンに立ち返るべき

ではないでしょうか?

瓦礫を受け入れられないという人たちに言いたい!

あなたは、この時亡くなっていった方たちと、命を

懸けてリスクを排除したこの人たちに向かって

何を言えるのかと!!!

私は、瓦礫は受け入れられます。

今回は、真正面から言いたいと思います。

リスクを最小限に収めるのは、確かに行政・政治の

責任かもしれませんが、基本的に日本人として、

同等にリスクを背負うのが嫌なら、日本から出て

行くか、日本人をやめるべきです。

日本人として、権利と義務を考える時です!

皆さん、そう思いませんか・・・・・・・・・・・

私は、震災から4ヶ月後に東北に行きましたが、

日本海側から青森までのコースでした。

太平洋側を直視する勇気が出ませんでした。

そんな自分が情けなかったですね・・・・・

でも、今年は何とか太平洋側から東北に行って

見たいと思います。

福島には、被災した友人もいます。

彼らが生きていて本当に良かったと思いました。

そんな気持ちは、初めてでした・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

« いつ行ったの?いつ撮ったの?え~~~ | トップページ | チータはポッカぽか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

秋田県は直接の被害はほとんどなかったのですが、一応ライフライン絡みのお仕事をしているウチは直後から約1ヵ月半ほどは地獄の激務でしたね~

どうにかこうにか混乱も落ち着き、復興へと進んでいく訳ですが、ここに来て日本人の身勝手さが出てきてますね。
woopuruさんの仰るとおり一丸となって復興へと進もうとするこの時になってわが身可愛さが露呈。なんとも言えない気持ちになってしまいますね。

ウチも夫婦でよく話題にしてますが、自分の地区で同じような被害が出ても今と同じことを言えるのか?まったく情けない世の中ですね。

東京都知事の石原さんのように「やかましい!だまっておれ!」と一喝できるリーダーも少ないようです。
こんなんでこの先の日本は大丈夫なんでしょうかね?

potatoさんと同感です。
震災直後のように皆で下を向いている時期と違い、
皆で前を向いていこうとしているのですから、
それぞれ立場は違っても、それぞれができる形で
協力をしていくのが常識だと思います。
今の風潮を見ていると、とても悲しい気持ちに
なってきます・・・・・

自分の所も大きな被害はなかったのですが、
それでも停電や断水等不便な数日を過ごしました

業務上ですが食料の搬入&販売と忙しかったことを思い出します

我が市でも瓦礫の受け入れが決まったようですが、
あの日を忘れず自分のできる事を協力していきたいと思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259605/44393340

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に覚えていますか?3.11!:

« いつ行ったの?いつ撮ったの?え~~~ | トップページ | チータはポッカぽか? »

最近の記事と写真

  • Kota4
  • Kota5
  • Kota3
  • Kota2
  • Kota1

WooとPuruの家

  • べ~!
    我が家には、古くはメスのシェルティ「ビッキー」、そして最近まで、メスのキャバリア「プル」、オスのシーズー「ウー」がいました。一緒に日本全国を旅してきました。みんな天国に行ってしまいましたが、思い出は永遠です。VPWの思い出のコーナーです。
フォト
無料ブログはココログ